先輩漁業者の声 @県南地区(雲仙市)

 

unzen_syugyosya

 

新規就業者プロフィール

氏名 中村 雄平(なかむら ゆうへい)
年齢 25歳
出身地 雲仙市小浜町
趣味 特に無し
経歴 平成22年3月まで三重県で民間企業勤務。平成22年7月から雲仙市にて漁業研修開始。平成24年7月漁船リース事業を利用し独立。
漁法 小型底びき網、刺網、タコかご、船びき網(父と操業)、ほこつき
漁船規模 4.8トン

Q&A

Q1 漁業を目指したきっかけは何ですか? 脱サラ後帰郷し、漁師である父親や親類らの影響を受けて自然になんとなく始めていた。
Q2 独立後に感じたことは? 6年目になり漁業に慣れてきて、楽しくなってきている。
Q3 独立後に一番つらかったことは? 作業も大変で従事する時間もバラバラであるため、慣れるまでがつらかった。
Q4 独立後に一番嬉しかったことは? やっぱり、大漁のときが一番嬉しい。
Q5 困ったときは誰に相談しますか? 先輩漁師に相談する。
Q6 今後の将来像は? 収入を上げるため、これまで加工業者に出荷していたイワシを使って、煮干し加工まで取り組みたい。
Q7 これから漁業就業を目指す人に一言 漁業はやっていて楽しい。がんばれば収入につながる。

 

 

unzen_shidosya

指導者プロフィール

氏名 中村 辰巳(なかむら たつみ)
年齢 82歳
経験年数 60年
趣味 パチンコ
漁法 橘湾にて主に刺網漁業(カニ、ヒラメ等)
漁船規模 4.5トン
1日最高水揚額 12万円
年間最高水揚額 600万円
これから漁業就業を目指す人達へ一言 これから、新たに漁業者になる人にとっては、燃料代や資材代の変動も大きく、漁獲する魚も昔からすると少なくなり価格もなかなかあがらない環境で苦労することも多いと思う。
しかし、自分は若い頃に大型まき網船に乗船していたが、30歳前に地元に帰り中型まき網、底びき網漁業と従事してきた。地元に戻ると、仲間が周りにいて苦労も分かち合い充実した生活が行える。体が丈夫であれば私のように80歳になっても船には乗れる。
なかなか、自然相手に技術を習得することなど困難な面も多いと思うが、周囲に溶け込みがんばっていただきたい。

 

このページをシェアする
job01ながさき移住サポートセンターの就職・転職支援 ながさき移住サポートセンター Facebookページ

ながさき移住サポートセンター 
専門スタッフがあなたの移住を全力でサポートします!

私たちが責任を持ってご相談に対応します!

ながさき移住サポートセンター(長崎本部)

長崎本部スタッフ

長崎県庁本館2階(正面玄関を入って右側)

住所
〒850-8570 長崎市江戸町2-13
TEL
095-894-3581(直通)
095-824-1111(内線3581~3583)
9時~17時(月~金)※祝祭日、12/29~1/3を除く。
FAX
095-894-3586
Email

ながさき移住サポートセンター(東京窓口)

ながさき移住サポートセンター(東京)久永倫世

東京交通会館8階(ふるさと回帰支援センター内)

住所
〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1
TEL
080-7735-3852(直通)
03-6273-4401(代表)
10時~18時(火~日)
※祝祭日、8/11~16、12/25~1/4を除く。
Email
ページの先頭へ