ながさき移住ナビ

島原市で地域おこし協力隊を募集しています(移住・定住コーディネーター)NEWS

  1. TOP
  2. 新着情報
  3. 島原市で地域おこし協力隊を募集しています(移住・定住コーディネーター)

島原市で地域おこし協力隊を募集しています(移住・定住コーディネーター)

豊富な水が湧き出る、日本名水百選にも選定された「水の都」、島原市。

豊富な湧き水と、城下町として栄えた風情ある街並みで暮らすことができる島原市で、

地域おこし協力隊を募集しています。

島原市の魅力

風光明媚な島原半島の中心に位置している島原市。

町を歩くと城下町として栄えた名残があり、武家屋敷が並んでいます。

古くから「水の都」と呼ばれるほど湧き水が豊富で、雲仙山系の伏流水が市内随所から湧出しています。

「島原湧水群」として昭和60年(1985)には環境庁の日本名水百選にも選定されました。

市内には約70もの湧水スポットが点在。市内中心部にある新町一帯には全長100mに及ぶ水路が流れ、色とりどりの錦鯉が放流されています。

 

都会に比べて人が少なく、豊富な自然の中で魚釣りや山登り、温泉巡りなど、のんびりとした時間を過ごすことができます。

市内には島原温泉も湧き出ていて、入浴施設でゆったりと温泉を満喫したり、散策途中に2カ所設けられた足湯で気軽に温泉を楽しめます。

 

小さな町なので商業地や住宅街をコンパクトに備えていて生活するのに便利。

島原市には幅広い年代が移住をしていますが、20~30代の比較的若い世代の移住者が多くみられます。

募集職種

今回募集するのは、「移住・定住コーディネーター」

これまでの人生経験や民間企業で培ったノウハウを活かして移住希望者の相談に応じるほか、

移住希望者の発掘と、アプローチ、市が行う移住・定住促進事業を推進して頂きます。

退任後は、島原市で起業・創業することも可能で、市も定住に向けて全面的にバックアップします。

 

<活動内容>
○移住希望者への相談対応
・市役所ワンストップ窓口での相談対応、移住相談会での相談対応
・移住者のフォローアップ(移住検討時から移住後まで)


○移住に関する情報発信
・地域の魅力、生活に関する情報の移住者目線での発信


○その他関連事業
・空き家バンク、お試し住宅の運用
・移住者ネットワークの構築
・新規企画の立案

求める人物像

  • 移住希望者や地域住民、その他関係者等と円滑なコミュニケーション(人あたりの良さ、気持ちを汲み取る力、親身な対応ができる等)を図れる方
  • SNS、雑誌等を駆使して情報発信することに長けている方
  • 物事を前向きに捉え、明るい雰囲気で日々の業務にあたることができる方

応募条件など

<応募条件>

 以下のすべての項目に該当する方(※年齢不問)
 ①申し込み時点で3大都市圏をはじめとする都市地域(過疎、山村、離島、
  半島等の地域に該当しない市町村)に居住する方で、任用後に島原市内に
  住民票を異動できる方 ※詳しくはお問い合わせください
 ②心身ともに健康で、かつ誠実に職務ができる方
 ③地域おこしに意欲があり、地域住民とともに積極的に活動ができる方
 ④普通自動車免許(AT限定可)を有している方
 ⑤パソコン(ワード、エクセルなど)の一般的な操作ができる方
 ⑥隊員としての任用終了後、培った人脈や技能を活かし、本市に定住・定着
  する強い意志のある方
 ⑦地方公務員法第16条に規定する欠格事項に該当しない方

 

<募集人数>

1名

 

<給与>

月額21万円(別に通勤手当あり)
※退職手当、期末手当及びその他の手当の支給はありません。

 

<申し込み受付期間>

2021年12月09日 ~2022年01月31日

 

申し込み方法や、詳細は島原暮らしHPをご確認ください。