ながさき移住ナビ

県北地区(平戸市)JOBS

新規就業者プロフィール

氏名 鳥飼 秀作(とりかい しゅうさく)
年齢 39歳
出身地 平戸市生月町
趣味 ボクシング
経歴 平成22年5月まで神奈川県民間会社勤務、平成23年10月から平戸市にて漁業研修開始、平成25年10月独立。
漁法 アゴ網、タコツボ、一本釣、延縄
漁船規模 8.76トン

Q&A

漁業を目指したきっかけは何ですか?

父が亡くなり、跡を継ぐことになったため。

独立後に感じたことは?

操業する際、魚が獲れる潮どきを見極めることが難しい。

独立後に一番つらかったことは?

漁船のエンジン、漁具などの修理代に多くのお金がかかってしまったこと。

独立後に一番嬉しかったことは?

タコツボ漁を始めた頃、自分が思った以上に多くの漁獲に恵まれたこと。

困ったときは誰に相談しますか?

漁業研修を受けて、最初にタコツボ漁を指導してくださった方。

今後の将来像は?

沖に漁に出て、漁獲を揚げ、経営を安定させたい。

これから漁業就業を目指す人に一言

漁業は、会社勤務と違ってたいへんな事も多いけれども、自分のやった分だけ稼げ、やりがいもある。

指導者プロフィール

氏名 畳屋 光次(たたみや こうじ)
年齢 49歳
経験年数 31年
趣味 旅行
漁法 タコツボ、アゴ網、刺網、延縄
漁船規模 9.8トン
1日最高水揚額 アゴ網 2隻で約70万円(父親の船と2そう曳)
年間最高水揚額 約2000万円

これから漁業就業を目指す人達へ一言

就業したばかりは、わからないことが多いと思うが、わからないことは先輩の漁業者に尋ね、よく話しを聞いてみることが大切である。
漁の経過は、できる限り帳面などにメモしておき、何か疑問に思ったら見返して勉強して欲しい。
頑張って動いても無駄な努力になるかもしれないが、まずは動いてみて自分の体に刻み込むことが大事である。