ながさき移住ナビ

雲仙市地域おこし協力隊募集のお知らせNEWS

  1. TOP
  2. 新着情報
  3. 雲仙市地域おこし協力隊募集のお知らせ

雲仙市地域おこし協力隊募集のお知らせ

雲仙市は、長崎県の南部、島原半島の北西部に、雲仙普賢岳を取り巻くように位置しており、

橘湾や有明海を望む美しい海岸線や、普賢岳、雲仙地獄といった雄大な自然環境を有し、

日本最初の国立公園である雲仙天草国立公園、及び島原半島県立公園に指定されている自然豊かな地域です。

 

このように豊富な観光資源(自然・景観・食・歴史・体験)に恵まれている本市でありますが、

雲仙市全体において、観光を地域への波及効果の高い産業とし、持続可能な地域としていくために、

DMO認定法人を目指し、令和4年度の法人成立に向け、雲仙観光局(仮称)設立準備委員会を令和3年3月に設立しました。

 

このような状況を受け、雲仙市ならではの「観光まちづくり」や「ワーケーション推進」、「プロモーション活動」、

法人化に向けた「雲仙観光局(仮称)設立準備委員会」の運営に関する業務など、地域の方々と一緒になって、

都市と雲仙市をつなぐ交流コンシェルジュとして活動していただける意欲あふれる新たな担い手を募集します。

1.募集人員

1名

2. 応募条件

以下のすべての項目に該当する方

(1)申し込み時点で3大都市圏をはじめとする都市地域等(※1)から雲仙市内に生活の拠点を移し、住民票を移動できる方

(2)令和3年4月1日現在において、年齢が20歳以上の方

(3)普通自動車免許を有している方

(4)Word、Excel、インターネットなど基本的なパソコン操作のできる方

(5)地域の活性化に意欲があり、地域が抱える課題の解決に積極的に取り組むことができる方

(6)地域の特性や風習を尊重し、地域住民と積極的にコミュニケーションを図れる方

(7)地域づくりの主役は地域住民であることを理解し、地域住民と協働できる方

(8)市の条例や規則等を遵守し、職務命令等に従うことができる方

(9) ITやマーケティング、ブランディング等に取り組む意欲があり、観光業分野の知識、経験がある方

3.勤務地・活動地域

(1)勤務地:雲仙市観光商工部観光物産課(長崎県雲仙市吾妻町牛口名714番地)

(2)活動地域:雲仙市内

4.主な活動内容

(1)都市と雲仙市をつなぐ交流コンシェルジュ業務

(2)観光地におけるマーケティング及びブランディングに関する業務

(3)ワーケーションに関する業務

(4)プロモーションに関する業務

(5)雲仙観光局(仮称)の立ち上げ及び雲仙観光局(仮称)設立準備委員会の運営に関する業務

(6)その他 観光振興に寄与する活動

5.勤務時間

週37時間30分程度

勤務1日7時間30分(8時30分~17時00分)、月曜日から金曜日までの週5日 勤務を基本とする。

活動内容によっては、夜間、土、日、祝日に勤務することもあるため、上記を超えない範囲で変更する。

6.雇用形態、任用期間

(1)雲仙市地域おこし協力隊員会計年度任用職員として任用します。

(2)任用年月日は、令和3年8月ごろを予定しており、具体的な日程は応募者と市が協議の上決定します。

(3)任用期間は、1年を超えない範囲で市長が定め、3年を限度として延長することができるものとします。

任用期間の延長については、毎年3月に市長が活動実績をもとに判断します。

7.賃金等

月額182,612円

※別途通勤手当(距離による。)があります。

※期末手当支給有

※その他、退職手当及びその他の支給はありません。

 

※雲仙市若者UIターン家賃補助金

  補助要件(35歳以下)等が合致した場合には、家賃を24ヵ月分(最大60万円)の支援を受けることができます。

  詳しくは ⇒https://www.city.unzen.nagasaki.jp/info/prev.asp?fol_id=29033

8.福利厚生等

(1)社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険)に加入します。

(2)活動にかかる車両、燃料、パソコン等事務用品等の経費は、予算の範囲内で市が負担します。

(3)年次休暇等は市の規則を適用します。

(4)地域での生活や通勤の移動手段として自家用車は必要不可欠です。自家用車等の持込をお勧めします。公用車は私用では使えません

9.応募手続

(1)応募受付期限

  令和3年5月31日(月)まで郵送必着で受け付けます。

  なお、提出された書類は返却いたしません。

 

(2)応募方法

    応募用紙に必要事項を記入の上、住民票を添付し、下記提出先まで郵送で提出してください。

10.選考

(1)第一次選考

   書類選考を行い、結果を応募者全員に文書で通知します。

 

(2)第二次選考

一次選考の合格者を対象に、面接を雲仙市で実施します。

詳細は、一次選考結果の通知の際にお知らせします。

   ※第二次選考に要する旅費は個人負担です。

11.その他

引越費用(本市への転入・本市からの転出)は個人負担です。

また、住居について相談には応じますが、ご本人でご契約していただき、家賃は個人負担となります。

12.提出・問合せ先

〒859-1107 長崎県雲仙市吾妻町牛口名714番地

雲仙市 観光商工部 観光物産課 観光振興班

担当:前田

TEL:0957-38-3111

FAX:0957-38-3205

E-Mail:suishin@city.unzen.lg.jp

※1 地域要件に関する確認については、お問合せいただくか、下記URL 総務省地域おこし協力隊HP「特別交付税措置に係る地域要件確認表」を参考にして下さい。

http://www.soumu.go.jp/main_content/000717676.pdf