ながさき移住ナビ

【終了しました】雲仙市地域おこし協力隊募集のお知らせNEWS

  1. TOP
  2. 新着情報
  3. 【終了しました】雲仙市地域おこし協力隊募集のお知らせ

【終了しました】雲仙市地域おこし協力隊募集のお知らせ

雲仙市では地域おこし協力隊を募集中です。

雲仙市とは

自然に囲まれた島原半島の中央から西にかけて広がる雲仙市は、普賢岳、有明海、橘湾に囲まれた「自然と温泉と食の街」です。

日本初の国立公園として指定された雲仙天草国立公園を有しており、仁田峠展望所からは雲仙の自然を眺めることができ、

春はピンクや白と色鮮やかなミヤマキリシマ、夏は生命力溢れる新緑、秋は山沿いを赤く染め上げる紅葉を、

冬には地元で「花ぼうろ」と呼ばれている氷の結晶が輝き、目を楽しませてくれます。

温暖で寒暖差が小さい気候と、広大な敷地を活かし、農業や畜産業が盛んに行われています。なかでも日本有数の収穫高を誇るジャガイモが有名で、ホクホクとした食感が特徴です。雲仙ブロッコリーや八斗木ネギをはじめ、雲仙あかね豚、雲仙牛など美味しい食材にあふれています。雲仙市内には産地直売所が点在し、収穫したばかりの野菜が地元価格で手に入ります。

 

各地に温泉が湧いており、旅情たっぷり。市内ではいろんな種類の温泉を楽しむことができます。

「山の温泉」雲仙温泉や「海の温泉」小浜温泉など雲仙市には温度や泉質が異なる温泉が各地に湧いており、気分で温泉が選べます。

募集職種について

今回募集する地域おこし協力隊は以下の通りです。

  • 関係人口に関する業務(1名)

関係人口に関する業務

【業務内容】

(1)関係人口の創出に関する企画検討および情報発信
(具体例:関係人口の創出に関する事業の企画・実施、都市部関係者とのネットワークを通じた地域活性化策の検討・実施、雲仙市の魅力など地域資源の情報発信(SNS等を活用した情報発信)など。)
※現在、市内の小浜町を中心として、都市部からの移住者が増えつつあり、特に同町刈水地区では、デザイン等のクリエイティブな仕事に携わる方々による起業の動きが見られており、そういった都市部からの移住者と連携した活動等を想定しています。
※「関係人口」とは、移住した「定住人口」でもなく、観光にきた「交流人口」でもない、地域や地域の人々と多様に関わる人のことを指します。

(2)その他 地域振興に寄与する活動


【応募期限】
令和4年4月28日(金)

その他

引越費用(本市への転入・本市からの転出)は個人負担です。

 また、住居について相談には応じますが、ご本人でご契約していただき、家賃は個人負担となります。

 

 ※本市では、補助要件(35歳以下等)を満たしたUIターン者の家賃24カ月分を支援しています!

 ◆雲仙市若者UIターン家賃補助金◆

 ○支援対象:平成30年4月1日以降に転入した若者(18歳以上35歳以下)を含む世帯(その他、要件あり)

 ○支援内容:家賃24ヶ月分の支援。

  ・単数世帯上限:15,000円/月

  ・複数世帯上限:25,000円/月

 詳しくは、 下記URLよりご確認ください。