ながさき移住ナビ

【大村市】長崎の良さを改めて再認識REAL TALK

  1. TOP
  2. 移住者体験談
  3. 移住者インタビュー
  4. 【大村市】長崎の良さを改めて再認識

移住者インタビュー

【大村市】長崎の良さを改めて再認識

  • 川崎 淳也 さん
  • 川崎 あゆみさん
Uターン 佐賀県 → 長崎県大村市
2018年 自営業(キャンピングカーレンタル / アロマスクール)

2年前、佐賀県から大村市に「Uターン移住」された川崎ご夫婦。
佐賀に住んでいましたが、職場は佐世保で公務員として働いていました。
現在は淳也さんはキャンピングカーのレンタル、あゆみさんはアロマスクールを経営しています。
佐賀に住んでいたのは2年間程だそうですが、大村に移住して長崎の良さを改めて再認識したそうです。
そんな川崎さんご夫婦にお話を伺いました。

大村市に移住したきっかけ、経緯を教えてください。

私は元々佐世保育ち、妻は鹿児島出身福岡育ちでした。

佐世保で公務員として27年間働いていましたが、幼少の頃からずっと佐世保だったので長崎県外の生活もしてみたいと思い、ここに来る前の2年間くらいは佐賀県に住み、通勤していました。

私はキャンピングカーが好きで、夢としてキャンピングカーレンタルをやりたいという思いはずっとあったんですが、「公務員としての安定した生活がなくなる」と考えると躊躇していました。そのことを妻に話すと、「これまでもうちが安定したことはないでしょ。そんなこと言ってたら何も出来ないよ!」と言ってくれたので、やろうと決意しました。

元々キャンピングカーレンタルをしたいとは考えていたので、お客様の多くは飛行機で来る県外の方だろうと思い、空港から近い大村で物件を探していました。また私たち夫婦は休日にはキャンピングカーで日本全国を回っていたので、次に住む場所は「海が見えるロケーションが良いところ」というのが夫婦の中で条件になっていました。
お陰様で縁あって現在の場所が見つかり移住することにしました。

日本各地を回られていたということで、移住先としていろいろな候補があったと思いますが、大村に決めた理由はなんですか?

親が長崎に住んでいるということもありますが、やっぱり居心地の良い場所であるということが大きかったです。ここに来る前の2年間程佐賀の暮らしも体験してみましたが、長崎の良さを再認識することばかりでした。

それに大村は、空港も近い、新幹線も開通する、高速のインターもあるというのもこれから商売をする上では重要な要因でした。

ただ、県外のお客さんが多いだろうと思って、空港に近い大村を選んだんですけど、蓋を開けてみると県外のお客様は少しだけで、9割は県内のお客様でした。

今は空港にお客様を迎えに行くのは月に1回あるかないかですね。

なぜキャンピングカーレンタルをしたいと思っていたのですか?

自分がキャンピングカーが好きで、乗り始めて25年くらいたつと思います。 休日はキャンピングカーで生活というのをずっと続けてきて、おそらく1000泊以上はキャンピングカーに泊まっていると思います。

こうした中、「こんな楽しいことをなぜみんなしないんだろう?」と思ったときに、例えば600万のキャンピングカーを5年ローンで買うと月に10万の支払いとなります。 私はキャンピングカーが好きで毎週末キャンピングカー生活だったので買いましたが、 こんな買い物をするのはある程度の金銭的な余裕や、買うことに対しての覚悟がいると感じ、普通に考えたら気軽に買うことができる車ではないなと思いました。
そこで、だったらレンタルならどうだろう?それだったらもっとキャンピングカーを好きになる人が増えるんじゃないか、この楽しみをみんなに知ってもらえるんじゃないかと思い、始めようと思いました。

移住してよかったことはなんですか?

ここは少し高台にありますが、少し車で下ると大村の市街地につくので、程よく田舎で暮らしやすいですね。長崎市内だと街が狭くて少し窮屈な感じがありますし、渋滞も多いですが大村は道が広くて渋滞もあまり起こらないのも良いですね。

あと雰囲気がのんびりしているし、私たちは大村にゆかりのない人間ですけど、地域の人たちも気兼ねなく受け入れて良くしてくれる、そういう垣根がなかったのもよかったところですね。

移住するに際に苦労したことはありますか?

全く苦労はなかったですね。ただ移住してからが大変でした。

この家で商売をしようと思っていたんですが、家は傷んでいるわ、庭は荒れているわでこのままだととてもじゃないけどお客さんは呼べないと思いました。あと自分たちが住むにしても好みではなかったので。

ここに引っ越してきた当初は公務員として平日は佐世保に仕事で通い、週末に庭の整備や家の塗装などをしていました。壁の塗装なんかも悪くなって木が腐れていたので、全部グラインダーで剥離して、足場を組んで高いところも全部自分たちで塗装をしました。塗装だけで半年以上はかかりましたね。庭も草・木が伸び放題で本当に大変でした。駐車場も泥だらけだったので自分たちでコンクリートをこねて敷いて、キャンピングカーも停められるような駐車場にしました。こんなことをやっていたので2年くらいはきつかったですね。特に最初の一年くらいは。

業者を入れればもっと早くて苦労もなかったと思いますが、全部自分たちでしましたからね、わからないことも多かったですがネットで調べていろいろやりました。

移住前と移住後の生活の変化について。

これまでと違うのは、公務員から自営業になったので、毎日通勤して仕事に行っていたのが、今は自宅で自分のペースで仕事ができていることですね。

休日なんかも今まで私たちが遊びに行くと言ったら九州各県、関東、関西の方に遊びに行っていたんですが、今は長崎県内を遊びまわることが多くなりました。

“こういう景色がこの山で見られるんだ、こんな海の景色初めて見た”という経験を未だに私たちでもするので、長崎はとても魅力的な街だと思います。いろんな街を見て、いろんな街で遊んできましたが、長崎が一番いいなと思いますね。

これからについて教えてもらえますか?

仕事は自分たちのペースで頑張りつつ、プライベートは夫婦ふたりで楽しみながら生活していきたいですね。

家もまだ自分たちの理想とする家にはなっていないので、業者とかは入れずに自分達の手で少しづつ楽しみながら近づけていけたらと思っています。庭の土地をキャンプ場にしたりとか。焚き火をしながら、大村の夜景を見て飲むお酒は最高ですよ。これを自分達だけで味わうのはもったいないので、みんなに来てもらえるようなキャンプ場にしようと思っています。

最後に移住検討者へメッセージをお願いします。

やっぱり移住となると、夫婦のこと、子どものこと、知らない土地での生活の不安など、すごくストレスのかかる引越しだと思います。なので、まずは先輩移住者の話を聞きにきて、長崎ってどういうところなんだ、どういう暮らしができるんだっていうのを感じることが大事だと思います。

私達も聞かれたら、自分達の経験や、良いところ悪いところを包み隠さず教えることもできますので。でも長崎は移住したら意外と住みやすい街が多いので、安心して来てくれたらいいんじゃないかなと思います。