ながさき移住ナビ

Uターン・Iターンの転職支援って?希望の条件や地域で理想の働き方を実現しようTOPICS

  1. TOP
  2. トピックス
  3. Uターン・Iターンの転職支援って?希望の条件や地域で理想の働き方を実現しよう

Uターン・Iターンの転職支援って?希望の条件や地域で理想の働き方を実現しよう

2022.05.28

出典:Adobe Stock

生まれ育った地方の町から都市に移住した人が、再度故郷に戻り転職するのがUターンで、自分が生まれ育った町や縁もゆかりもない地方企業へ転職などをするのがIターンです。当記事では、Uターン・Iターン転職でチェックしておきたい項目や利用できる転職支援制度を解説します。
自分が思い描く充実した人生を、Uターン・Iターン転職で手に入れましょう。

 

 

Uターン・Iターン転職は希望する条件で働ける?

労働条件が下がらないか心配なあなたへ

出典:Adobe Stock

年収が下がる

Uターン・Iターン転職すると、現在より年収が下がってしまうことが考えられるでしょう。目先の収入は減りますが生活にかかるコストが都市部よりも安く済みます。よって、収入と支出を差し引きした「実収入」から考えてください。
東京都と長崎県を例に挙げて比較してみましょう。平成26年全国消費実態調査の「1ヶ月当たりの世帯収入の平均」によると、東京都の収入は約53万円、長崎県は約43万円です。そこから支出を差し引いた残金が東京都は約9万円で長崎県は約7.7万円と、差はごく僅かなことがわかります。

希望する仕事が見つからない

地方は都会と比較すると企業数が少なく、それに比例して求人数も少なくなります。そのため、希望する仕事が見つからない場合も考えられるでしょう。

そのような事態を避けるためにも、転職活動は現職を続けながら行うのが鉄則です。先に仕事を辞めてしまうと、すぐに仕事が見つからなかった場合に経済的・精神的にも大きな負担を感じてしまいます。

移住者を支援する体制を整えている自治体も増えているので、サポートしてくれるかどうかも確認しておきましょう。

 

人間関係が面倒な可能性も

地方では、隣にどんな人が住んでいるのかわからないこともある都市部よりも、濃い人間関係を求められる可能性があります。都市部よりも地方は、自治体や地域の活動が活発な場合が多いといえるでしょう。

地域活動を面倒だと思わない人にとっては、デメリットに思わないかもしれませんが、ご近所付き合いのような人間関係を苦手とする人にとっては、面倒に感じてしまうことがあるかもしれません。

 

 

Uターン・Iターン転職でチェックする項目とは?

1:自己キャリア

出典:Adobe Stock

これまで勤めていた企業で、どのようなキャリアを積んできたのかを整理しましょう。自分自身の市場価値やできることを客観的に分析すると、希望している転職先を探すのに役立ちます。

対象企業数が少なくなるUターン・Iターン転職では、どの程度まで企業選定するかを左右するのです。絞りすぎると合格しにくくなり、広げすぎると希望するキャリアから遠ざかることも考えられるでしょう。

2:生活コスト

Uターン・Iターンする地方によって、生活費が大きく変化する場合があります。特に地代の影響が大きい家賃は、東京などの都市部と比べると1/2程度で同水準の家を借りられることも考えられるでしょう。

物価や交通費なども、都市部と比べると安く済む場合があります。まずは、Uターン・Iターンしたい地方の生活コストに関する情報を集めてみましょう。そこから現状の収支と比較し、どれくらいの年収ダウンであれば同じような生活を送れるかチェックしてみてください。月々に必要な金額が分かれば、賃金などの労働条件からより具体的に転職先企業を選べるようになります。

3:移住後の生活を考える

家族がいる人の転職は、自分だけでするものではありません。家族と話し合いながら進めなければ、ミスマッチの原因になります。

移住先では、商業施設が近いかや子どもの保育園の送迎なども事前に確認しておきましょう。求人情報には、実際の勤務地や就業時間、休日規定などが記載されています。移住後の生活を考えて、応募先を家族と話し合って決めるようにしてください。

4:地方に就きたい仕事があるか

都会に比べると地方は企業数が少なく、希望する職業が少ない可能性があります。
そのため、Uターン・Iターン転職は、転職活動としての難易度が高くなりがちです。しかし、地方にやりたい仕事や就きたい仕事があれば話は変わります。

やりたい仕事がはっきりとしているのであれば、転職活動の対策や行動も取りやすくなるでしょう。地方へUターン・Iターンして就職する明確なビジョンを持っている人は、積極的に地方への就職を検討してみてください。

 

 

Uターン・Iターンの主な転職支援

転職支援1:自治体の就活支援金

出典:Adobe Stock

「就活旅費支援金」は、県外在住・県外の学校に通う学生の、県内の就活をサポートしてくれる制度です。長崎県内にある企業へ就活する場合に、最大で4万円が支給されます。県外から就職活動をするときに大きな負担となる旅費を軽減できるのは非常に助かる制度です。対象となる活動内容は、要綱を事前によく確認しましょう。
また、転職を支援する専門窓口が整っている自治体も増加中です。Uターン・Iターンをサポートしてくれる窓口が整備されているかも確認しておきましょう。

転職支援2:企業からの支援

Uターン・Iターン転職を検討する際、企業によっては人材を定着させるための仕組みが整備されている場合があります。インターンシップ制度や職場見学、職場体験など入社後のミスマッチを減らす制度が拡大中です。地方企業も人手不足解消や希望者を雇用することで助成金を受けられるなどのメリットがあるため、積極的に取り組んでいます。

詳しい情報は、自治体と企業が共同で運営している求人情報サイトや移住サポートセンターなどで確認しましょう。

転職支援3:求人サイト

通常の転職で活用する求人サイトも、Uターン・Iターン希望者向けの求人情報に絞れます。特に、都道府県ごとの求人情報を確認できる「長崎県人材活躍支援センター」などがおすすめです。年収や雇用形態、職種などの条件を担当者が付き、希望にマッチした企業を探せます。

転職支援4:お試し移住

農林水産業など、一次産業への仕事を検討している人におすすめしたいのが、お試し移住体験です。長崎県では、農山村集落にモデル集落を設定し、移住後の生活を肌で体験できる制度が設けられています。

支援の一例を挙げると、体験時に地元の人からの案内を受けられたり、宿泊時に上限5,000円の費用を補助してくれたりと不安を払拭できる制度です。

Uターン・Iターン転職後の生活やキャリアとは?

自然に囲まれた生活

出典:Adobe Stock

都会・地方を問わず、収入確保は生活するための必須条件です。地方企業に就職・転職したり、テレワーク・リモートワークによって職業を変えたりしても収入を得る必要があります。Uターン・Iターンを希望している人の多くは移住先で仕事を探す場合がほとんどのため、スキルや実務経験が必要となるでしょう。

つまり、仕事が少ない地域に転職する場合、収入確保の目処を立てられる人が地方移住に向いているといえます。

2:不便さを許容できる

都市部と比較すると交通機関や店舗の数、娯楽などが少なくなり、不便になります。しかし、実際に移住した人は、不便さは想定の範囲に収まっていたり、都市部より良いと感じていたりすることが多いようです。

都会と同様の便利さを求めてしまう人はギャップが大きくなるため、地方移住には不向きかもしれません。逆にある程度の不便さを許容できる人は、地方移住に向いているでしょう。

3:地方の空気に馴染める

地方移住に向いているのは、その地方の空気に馴染めるかどうかも重要です。「郷に入っては郷に従え」の言葉通り、移住先のコミュニティや風土、風習に自分から合わせられるかを考える必要があります。

地方に古くから暮らしている人たちに上手く馴染める人や積極的に興味を持って行動できる人は、地方移住に向いているといえるでしょう。

 

 

Uターン・Iターンに積極的な自治体は?

優遇制度含めた積極的な自治体

出典:ながさき移住ナビ

Uターン・Iターン転職のメリットは、自然に囲まれた生活を送れることです。地方によって異なりますが、移住先が自然豊かな場所であれば落ち着いた暮らしを実現できます。

都市部ほど森林などの自然が少なくなる傾向にあり、地方から都市に出た場合、都会の喧騒を苦手とする人は少なくありません。人込みを避けられることでストレス軽減も期待できるため、充実した日々を過ごせるでしょう。

子育てしやすい

Uターン・Iターン転職をすると、子育てのしやすさも向上します。都市部では深刻な待機児童問題も、地方では子どもを保育園に入れやすい場合がほとんどです。

Uターンする場合は親元の近くに住むこととなるため、実家からのサポートが受けやすいといえます。また、自然豊かな土地は子育てをする環境として最適といえるでしょう。

地方でワークライフバランスのとれたキャリアも

Uターン・Iターン転職は、自治体と企業が一体となって取り組んでいます。また、私生活を充実させながら、仕事にもしっかり取り組める環境の企業が増えているのです。事前に移住体験や職場体験をし、移住後の生活をイメージするようなUターン・Iターン転職活動をするとよいでしょう。

 

 

Uターン・Iターンの転職支援の参考に!支援が豊富な長崎県

自治体ごとに特色ある支援が受けられる

出典:ながさき移住ナビ

長崎県は支援が豊富で、最大100万円の給付を受けられたり創業支援があったりと補助金制度も充実しています。転職から住宅などの相談を無料で行える窓口があるため、移住に関する不安を減らせるでしょう。

ながさき移住倶楽部

県外に住んでいる人にとって、U・Iターンを希望する土地の情報は必ず押さえておきたいポイントです。「ながさき移住倶楽部」では、長崎県内の最新情報を定期的に届けてくれるため、移住先の市町村を検討するのに役立ちます。

移住についての悩み相談や、移住後の引っ越し代金の割引や住宅ローンの金利優遇制度を受けられる特典が魅力です。無料で会員登録できるため、まずは気軽に入会してみてはいかがでしょうか?

子育て支援も充実

長崎県では子育てに関する支援も充実しています。各自治体によって特色ある支援が魅力的です。例えば、長崎県平戸市では、都市部で問題となっている「待機児童ゼロ」問題を解決し、さらに保育費・医療費の助成も手厚くサポートしてくれます。

 

 

Uターン・Iターン転職支援を活用しよう!

Uターン・Iターン転職は、支援体制が充実しているかどうかを確認しましょう。自治体によって制度が異なるため、しっかりチェックすることが大切です。

Uターン・Iターン転職を検討する際は自治体が開催する説明会に参加するなど、転職支援制度を活用してみましょう。