ながさき移住ナビ

地方に転職する際の求人の探し方は?不安も多い移住含めた上手な探し方をご紹介TOPICS

  1. TOP
  2. トピックス
  3. 地方に転職する際の求人の探し方は?不安も多い移住含めた上手な探し方をご紹介

地方に転職する際の求人の探し方は?不安も多い移住含めた上手な探し方をご紹介

2022.05.29

出典:pixabay

地方への転職を検討しているものの、どのように仕事を探せば良いかわからず悩んでいる人は多いのではないでしょうか。そこで今回は、地方に転職する際の仕事の探し方を紹介します。転職を成功させるコツや移住前の確認事項なども解説しているので、参考にしてみてください。

 

 

地方での転職が難しいのはなぜ?

出典:Adobe Stock

一般的に都会で仕事を見つけるよりも、地方で転職する方が難しいといわれています。まずは、なぜ地方での転職が難しいのかを理由とともに解説します。地方での転職を検討している人は、目を通しておくと良いでしょう。

求人の数が少ないから

地方での就職が難しいといわれる大きな理由が、求人数の少なさです。地方は都会に比べると企業や会社の数が少ないうえに、採用枠も多くありません。そのため募集があったとしても、経験豊富な人やスキルがある人に枠を取られてしまいます。

また地方では、転職できる職種や業界が限られているのが現状です。特に広告代理店やIT系、出版社といった仕事は都会に集中しているため、地方では転職するのは困難でしょう。

都会と地方では求められるニーズが異なるから

都会と地方では求められるニーズや条件が異なるのも、転職が難しい理由の1つです。都会にある大企業では、業務への専門性や技術、高いキャリアなどを求められることが多いです。

一方、地方には中小企業が多く、従業員の雇用人数もさほど多くはありません。そのためキャリアや専門性よりも、さまざまな業務に取り組める対応力や柔軟性を求められる傾向にあります。専門的なスキルや技術のアピールをしていても、なかなか地方での転職は成功しない場合があります。

収入が下がる場合が多いから

都会で働いていた頃に比べて収入が下がってしまうことは、地方転職に伴うデメリットの1つです。地方は中小企業が多いこともあり、月給や年収が都会よりも低めに設定されているケースが大半です。

収入が下がってしまうため待遇や条件に満足できず、転職活動が思うように進まないといった事態になることがあります。また自分に合う条件が見つからず、転職そのものを諦めてしまうことも少なくありません。

転職活動に時間がかかるから

地方での転職が難しい理由に、転職活動に時間がかかることが挙げられます。地方企業へ転職活動をするとなると、面接などで都会からその地域に赴かなくてはいけません。場合によっては頻繁に地方へ行くことになるため、時間もお金も必要になります。

 

 

地方で転職する際の求人の探し方とは?

出典:Adobe Stock

地方での転職活動を成功させるには、求人の探し方にこだわることが大切です。こちらでは、地方で転職する際の求人の探し方について詳しく紹介します。どのように転職活動を進めれば良いかわからず悩んでいる人は、ぜひ参考にしてみてください。

探し方①自治体の支援情報を確認する

地方で転職活動をするのなら、自治体の支援情報を確認しましょう。現在、Uターン・Iターン転職や地方移住の支援を行う自治体が増えてきています。自治体の支援やサポート制度を活用すれば、スムーズに転職活動が進められるでしょう。

例えば長崎県の「ながさき移住サポートセンター」では、東京・大阪・名古屋・福岡などの都市部で転職や移住に関する相談会を開催しています。オンラインでの相談会も実施しているので、なかなか地方に来られない人でもサポートを受けることが可能です。

また九州知事会によるオンラインでの合同相談会や、ふるさと回帰フェアなど、他団体主催の相談会も開催されています。長崎県での転職を検討している人は、ながさき移住サポートセンターを活用してみてください。

探し方②市町村のHPをチェック

移住したい地域が決まっているのであれば、自治体の公式サイトを確認してみてください。地方への移住者と企業を繋ぐため、仕事を紹介するページを開設する自治体が増えています。求人サイトでは見つからない企業と出会えたり、条件に合う求人が見つかったりする可能性が高いですよ。

探し方③Uターン・Iターンフェアに登録する

Uターン・Iターンフェアを使った探し方もおすすめです。都会からのUターン・Iターン移住者を増やすため、就職フェアなどを企画する自治体が増加しています。こういったフェアでは直接企業の社員と話せるので、不安なことや疑問点をすぐに質問できるのがメリットです。

またUターン・Iターンフェアに参加する企業の多くが、移住者へのサポートを行なっています。「Uターン転職をして移住した後の生活が不安」「Iターン転職の情報が欲しい」という人は、ぜひ自治体のUターン・Iターンフェアを活用してみてください。

探し方④地方転職に特化した求人サイトに登録する

地方転職に特化した求人サイトへの登録もおすすめです。地方転職を取り扱っているサイトなら、大きな求人サイトには掲載されていない地元企業と出会える可能性が高いです。地方移住者が増えているので、Uターン・Iターン転職などの特集を掲載するサイトが多くあります。

探し方⑤ハローワークを利用する

地方での仕事の探し方として、ハローワークを活用する方法が挙げられます。自治体の中にはハローワークと連携し、UターンやIターン就職を支援しているところもあります。細やかな転職支援が受けられるので、地方での就職に不安を感じている人はぜひ利用してみてください。
長崎県での転職を検討しているのなら、「長崎県人材活躍センター」の利用がおすすめです。ハローワークと連携して就業支援を行なっている施設で、求職者のニーズに合わせた相談や仕事の紹介などをしてもらえます。

探し方⑥地方転職に強いエージェントに相談する

地方転職に特化したエージェントに登録するのも、人気の方法です。転職エージェントとは、採用を考えている企業と転職希望者を繋ぐサービスです。採用情報や転職市場の情報を教えてもらえるほか、履歴書の書き方や面接のポイントについて支援を受けられます。

地域の転職市場に詳しいエージェントサービスに登録すれば、大手の求人サイトには掲載されていない情報も手に入れられます。また地域の環境や暮らしにも詳しいことが多く、移住後に役立つ有益な情報も得られるでしょう。

 

 

地方の移住先選びで失敗しないために

出典:pixabay

下調べや準備が不十分だったために、移住先選びに失敗してしまうケースもあります。そこで、地方の移住先選びで失敗しないコツを紹介します。具体的にどのようなことに気をつければ良いか解説しているので、目を通してみてください。

自治体による移住支援があるところを選ぶ

地方移住先を探すときは、自治体による移住支援があるかどうかを確認してください。補助金の支給や転職サポートなど、移住者への支援制度が整っている自治体を選べば、移住にかかるコストや手間を削減できます。

移住者が多い地域がおすすめ

移住先選びで失敗したくないのなら、移住者が多い地域を選ぶようにしてください。Uターン・Iターンなどの移住者が多い地域は、移住するメリットが多く住みやすい場所だといえます。自治体の相談会などに参加し、実際に移住した人の声を聞くのもおすすめです。

実際にその地域へ旅行してみる

移住を考えている場所があるのなら、実際にその地域へ旅行してみましょう。できれば数日間は現地に滞在し、その土地の気候や生活環境などを体験してください。

移住先選びの失敗例として多いのが、「土地の気候や風土が合わなかった」というものです。移住後に後悔しないためにも、秋や春など気候が穏やかなときではなく、夏や冬など暑さや寒さが厳しい時期に訪れるようにしましょう。

仕事と住居のセットプランを探してみる

住居と仕事のセットプランを条件に、転職活動を行なってみてはいかがでしょうか。社宅や寮が完備されている企業を探せば、仕事と同時に家も確保できます。移住にかかる手間を少しでも減らしたい、職場から近い家に住みたいと考えている人は、この条件で仕事を探してみてください。

 

 

地方転職を成功させるポイント

出典:pixabay

地方企業への転職を成功させるためには、いくつかのコツを意識する必要があります。こちらでは、地方転職を成功させて採用を掴むポイントを紹介します。

1〜3月で転職活動を開始する

地方での転職を成功させたいなら、1〜3月に転職活動を始めましょう。特に2・3月は、新年度に備えるために採用活動が活発になる企業が多い時期です。1〜3月に転職活動を始めれば、夏や秋には募集していない人気企業と出会える確率が高まります。

収入にこだわりすぎない

地方での転職を成功させたいなら、あまり収入にはこだわりすぎないように注意しましょう。地方は都会よりも給与が低い傾向にあるため、高収入を条件にしているとなかなか希望に合う企業が見つからず苦労することになります。

地方で転職するのなら、ある程度収入が下がるのは仕方ないと考えましょう。収入よりも「どのような仕事に就きたいか」「どのような環境で働きたいか」を重視する方が良いでしょう。

どのような人材が求められているかリサーチする

地方で転職を成功させるためには、求められている人物像のリサーチが必要です。地方と都会では、人材に求めている条件やニーズが異なります。都会で重宝されている人材が地方でも求められているかというと、必ずしもそうとは限りません。

都会ではキャリアや専門性が高い人材が重宝されますが、地方企業では周りとの協調性や対応力などが求められる傾向にあります。地方企業が求める人材像を把握して的確なアピールができれば、転職活動をスムーズに進められるでしょう。

志望動機を明確に

しっかりと志望動機を練ることで、地方での転職が成功しやすくなります。「この地域に移住したいから」などの曖昧な動機では、採用を勝ち取るのは難しいでしょう。

「なぜこの地域で就職したいのか」「どうして地方企業を選んだのか」など、明確な動機をアピールしましょう。地方企業ではさまざまな仕事への対応を求められるケースが多いため、自身の対応力の広さや柔軟性などを伝えるのもおすすめです。

 

 

求人の探し方を知って地方での転職活動を成功させましょう!

地方は都会に比べて転職活動が難航しやすく、希望の条件に合う企業を見つけるのが難しいといわれています。地方での転職を成功させるためには、求人の探し方や都道府県による支援制度を活用することが大切です。

地方でどのような人材が求められているか、どうやって仕事を見つければ良いのかを把握しておけば、転職活動を有利に進められます。今回紹介した仕事の探し方や転職を成功させるコツを参考にして、地方での就職活動に役立ててください。