ながさき移住ナビ

松浦市の魅力APPEAL

  1. TOP
  2. ながさきの魅力
  3. 松浦市の魅力

歴史と自然が息づく町で、田舎の原風景にふれる

元寇の歴史ある地。日本の棚田百選で自然の美しさを堪能

松浦市は長崎県の北東部にあり、北は玄界灘と伊万里湾、南は佐世保市、東は佐賀県伊万里市、西は平戸市に隣接しています。伊万里湾の沖合いに浮かぶ、福島、鷹島、青島、黒島、飛島などの島々を含む海沿いの自然豊かな町です。のどかな田園風景が広がる「土谷棚田(福島町)」は農林水産省の日本の棚田百選に選ばれています。田植えの時期(4月~5月)に伊万里湾に沈む夕日が、約400枚もの棚田をオレンジ色に染め上げる姿は息をのむ美しさです。

また、ツーリングやドライブスポットとして有名な、「ながさきサンセットロード」にも含まれており、国土交通省が選ぶ「日本風景街道」に選ばれています。この穏やかな農漁村の原風景を求めて全国から多くのカメラマンが訪れています。

 松浦の歴史は古く、中国の歴史書「魏志倭人伝」にもその名が出てくる「末盧(末羅)国」の一部であったと言われており、古代から大陸と日本を結ぶ重要な拠点となっていました。蒙古襲来(元寇)の際、松浦鷹島沖で吹いた暴風雨(神風)で沈没した元の軍船と積荷は、現在、鷹島海底遺跡として周知されており、40年にわたる調査の結果、遺跡の一部が鷹島神崎遺跡として、海底遺跡では初めて国の史跡に指定されています。「松浦市立埋蔵文化財センター」では遺物を見学することができ、海底遺跡の海域を眺めることができる展望所もあり、蒙古襲来の歴史に思いを馳せることができます。

アジの水揚げ量日本一、「アジフライの聖地」宣言!

県内外から多くの人が食べに訪れているアジの名産地です。アジの水揚げ量日本一であることから、2019年4月に「アジフライの聖地」を宣言。市をあげてアジフライ文化を盛り上げています。刺身でも食べられるほどの新鮮なアジを使って、市内の食堂やレストランで独自のアジフライを提供しています。松浦市のアジは一年間通して食べられ、フライにするとふわふわで肉厚です。日本屈指の青魚の漁場でもある対馬海峡から五島灘海域で激しい海流で育まれたアジは、上品な脂が乗っているのが特徴です。4月から8月にかけては100g以上の大ぶりなものが「旬(とき)あじ」というブランドで出荷されています。また、有名イラストレーター・NONCHELEEE(ノンチェリー)氏がデザインしたアジフライTシャツなどのオリジナルグッズも市内限定販売中で、徐々に話題を呼んでいます。

アジ以外にも海の幸が豊富でとらふぐの養殖でも日本一を誇ります。透き通った身と歯ごたえが良い松浦のとらふぐは全国的にも高い評価を受けています。高級とらふぐが食事処などで気軽に楽しめるのは産地ならではです。他にも伊万里湾に面した自然の入江を利用した養殖場で育てられた車えびや、冬の海水温が低いことで身が引き締まった本まぐろも鷹島、青島の沖合で養殖され、全国に出荷されています。

水産物以外にもアスパラガス、ブロッコリー、松浦メロン、御厨ぶどう、牛、豚、鶏など、松浦は食材の宝庫なのです。

地域交流できる「コンテナ型」子育て施設や移住お試し住宅が魅力

みんなで子どもを育てる優しい町

恵まれた自然の中で暮らせる環境がある松浦市ですが、子育て世代を応援する取組みも行っています。市内には保育所、認定こども園、家庭的保育事業所があり、全国的に心配されている待機児童はなく、子育て中のご家族も安心して働くことができます。また、市独自の支援として不妊治療費助成や高校生までの医療費助成(1カ月1医療機関毎に1日800円・2日以上受診の時は最大1,600円)、3歳未満の第2子以降の保育料無償化、給食費(副食費)免除(月上限4,500円)など子育て支援が充実しています。

さらに、利用料無料の子育て支援施設「みんなの子育て広場URACCO」はコンテナを使ったユニークな建物で、子育て世代からシニア世代まで世代を超えた交流広場として開設しています。子育て支援員が常駐し、育児についての相談や情報収集もでき、毎月楽しいイベントも開催されています。

市内には小学校9校、中学校7校、高等学校1校があり、車で40分圏内の近隣自治体に普通科・工業科・農業科・総合学科などの高等学校があります。市内中学校卒業生の約半数が市外へ通学していますが、市内唯一の高等学校「松浦高等学校」の魅力化プロジェクトとして、離島からの交通費や模試・検定費用への補助、地域と協働した課題解決型学習の実施に取り組んでいます。医療機関は病院が3カ所、診療所が10カ所の合計13機関で、24時間救急診療の医療機関もあるので安心です。もちろん小児科もあります。「海と山に囲まれた環境でのびのびと子育てができる」、転勤で来られたご家族からは「子育てしやすい!」という声を頂いています。

一度住んだら分かる松浦の良さ!移住お試し住宅の利用もぜひ

「釣りが好き」「海のそばで暮らしたい」「のんびりした環境で子育てしたい」と松浦市に興味を持ってくれた人が移住される際のサポートもあります。最大で30日間住むことができる「移住お試し住宅」も整備。無料で利用できるので気軽に滞在していただけます。一定期間滞在して地域の方々に会って話すことで、暮らしの様子や地域の活動などを見聞きして、もっと松浦市の良さを知ってもらいたいという取組みです。他にも、Uターン者を対象にした就職奨励金や、新築や中古住宅の購入など住宅取得した方を対象にした定住奨励金など定住・移住への支援制度を設けています。

移住した人の中には、松浦市出身者や親戚が住んでいた方など本市にゆかりがある方が多いですが、市外で身につけたスキルや経験を活かして市内企業に就職したり、飲食店や美容サロンなど自分のお店を開業したりして暮らしている方々もいます。

「住み始めた頃は子育ての楽しみ方が分からなかったけど、人とつながると楽しみ方がわかってきた」「家族との時間も増えた」「食材のいただきものが多く、食生活が豊かになった」との声も聞かれます。

福岡市から唐津市・伊万里市・佐世保市を経て武雄市を結ぶ西九州自動車道(高規格幹線道路)の整備が進んでおり、事業完了後には福岡市から本市(市役所所在地)間を車で約70分で移動できるようになる見込みです。人・物の往来がさらに活発化し経済の発展も見込めます。

人口 22,137人
(令和2年12月末日現在)
平均年齢 51.1歳
面積 面積130.55km2
気候 地震が少なく、気候変動が緩やか
アクセス
  • 車の場合:
    長崎県長崎市~松浦市(市役所所在地)120分、福岡県福岡市~同地90分
  • 電車の場合:
    JR長崎駅~松浦駅(最寄り駅)210分、JR博多駅~同駅155分
  • 飛行機の場合:
    羽田空港~福岡空港210分、福岡空港~JR伊万里駅120分、JR伊万里駅~松浦駅40分