ながさき移住ナビ

波佐見町の魅力APPEAL

  1. TOP
  2. 長崎の魅力
  3. 波佐見町の魅力

美しい器と新しい文化が生まれる、緑豊かなやきものの里

400年以上続く、波佐見焼のふるさと

波佐見町は長崎県のほぼ中央で、佐賀県との県境に位置しています。県内で唯一、海に面していない自治体でほっこりとする里山の景色が広がります。周囲は山々に囲まれており、町は盆地となっています。比較的穏やかな気候で過ごしやすい地域ですが、観測上は長崎県で2番目に寒い町とされています。江戸時代以降の盛んな窯業で、全国有数のやきもの「波佐見焼」の産地として発展を遂げました。現在は新しいアイデアと伝統の技術を活かし、デザイン性が高く個性的な食器が注目を浴び「新しい波佐見焼」として人気を呼んでいます。

町を横断する県道1号線沿いには、日常使いの食器などいろんな陶器を展示、販売している店や窯元が軒を連ねて賑わっています。谷あいにひっそりとたたずむ中尾山は歴史ある窯元が集まる地域。高くそびえる窯の煙突が見える、焼き物の里ならではの光景が象徴的で、川沿いに細い道が続き、手すりや歩道などに焼き物が使われている陶郷ならではの風情が漂います。中尾山を登り切った高い位置にある「陶芸の里 中尾山交流館」にはいろんな窯元の作品を集めて展示してあるので、お気に入りの作風や窯元を見つけることができます。

日本の棚田百選にも選ばれた鬼木棚田で四季を感じて

長崎市からは高速道を利用して約60分の、福岡市からは高速道を利用して約1時間25分、東京からのアクセスは飛行機、JR、バスを利用して2時間45分と、長崎市や福岡市へ移動するための交通の便は比較的悪くないところに位置しています。自然が豊かであり、中でも虚空蔵山のふもとに広がる鬼木棚田は、日本の棚田百選に認定されている景勝地です。斜面に石垣を積み上げ、段になった棚田はどこか懐かしい風景。中腹にある展望所から田植えとともに成長し、季節ごとに表情を変える棚田と山の緑が広がり、四季の移ろいを感じられます。秋に開催されている「鬼木棚田まつり」では手作りのユニークなかかしに笑顔がこぼれます。

波佐見町には「波佐見陶器まつり」をはじめ、いろんなイベントがあります。波佐見町に息づく本物の暮らしをちょっぴり体験する、体験型観光「とうのう」も人気です。波佐見焼アクセサリー作りや、波佐見焼ストラップ作り体験などの手作り雑貨一日教室や、ボルダリング体験などのアクティブなクラスもあり種類豊富でリピーターが年々増えています。現在では波佐見町に年100万人の観光客が訪れています。

文化の発信地でもある場所。安心安全な地元食材も味わえる

製陶所跡にカフェやギャラリーがある、古くて新しい町

今、波佐見町は代替わりした若手社長等が結束し、移住者もカフェや陶芸アーティストとして起業するなど、町が盛り上がっています。なかでも注目度が高いのが西ノ原地区。日々変化しているおしゃれなエリアで、製陶所跡にカフェやギャラリー、雑貨ショップなどが立ち並びます。長い間ろくろ場として使われていた場所を2006年に改装し、温もりある面影を残しつつ新しい文化空間として生まれ変わった地には、県内外から多くの人が訪れます。地元のお母さんたちが営む、地元の米や野菜、味噌にこだわったおにぎり屋さんや、波佐見焼の器と地元食材で美味しいランチがいただけるカフェ、氷窯アイスなどがあり、何度も足を運びたくなる雰囲気です。

町内では農業も盛んで、大豆も作られています。農産物鬼木加工センターでは波佐見町産の大豆を使った無添加の「鬼木みそ」も作っており、安全安心で美味しいと地元の人に親しまれています。またちょっとひと息付きたいときは温泉も湧いています。高濃度炭酸泉で血流が促進されることから「美肌の湯」とも呼ばれており、少しとろみがあり、肌をなめらかにしてくれるとあって湯治客も訪れます。人口約1万5000人ほどの小さな町に、いろんな楽しみが詰まっています。

気持ち良い挨拶は町の宝。人が温かく穏やかなコミュニティ

波佐見町に移住をした人は、起業した人の他にも町内の窯業関係に勤務される人や隣の佐世保市に勤務している人もいます。カフェや雑貨屋、陶芸の工房など、地域と積極的に関わりを持ちながら起業したい人には空き工房バンクもあります。住まい探しのお手伝いとしては空き家バンクがあり、どちらも波佐見町のホームページで紹介しています。移住への前向きな検討や、生活や町民とふれて事前に田舎暮らしが体験できる「お試し住宅」もあります(要予約)。利用者を移住希望者のみと限定していましたが、ポケットWi-Fiを貸出してリモートワークなどの希望者も利用できるよう範囲を拡大します。

子育て支援にも取り組んでおり、子育て生後4カ月までの全乳幼児を対象に、保健師が訪問して「身体測定」「発育状況の確認」「育児相談」などを行っています。乳幼児訪問、乳幼児健康診査、乳幼児健康相談など充実したサービスがあります。子育て支援センター「きしゃぽっぽ」も設置しています。他にも自治会やPTAなど多くの団体が参加して、登校中の児童・生徒と地域住民が行う「あいさつ運動」にも取り組んでおり、本町において挨拶が盛んなことの一助となっています。地元住民のおおらかな気風とあふれんばかりの地元愛、人情味あふれる温かい町です。高層ビルはなく町の光が少ないので夜は星が綺麗に見えて、心穏やかに静かに生活ができます。どこか懐かしい雰囲気がする、居心地のいい時間をここ波佐見町で過ごしてみませんか?
人口 14,565人
(令和2年12月末日現在)
平均年齢 48.3歳
(令和2年12月末日現在)
面積 面積56km2
気候 年間を通して比較的穏やかな気候
アクセス
  • 長崎市から 高速道を利用:60分
  • 福岡市から 高速道を利用:85分
  • 東京から 飛行機、JR、バスを利用:165分

関連リンク

専門スタッフがあなたの移住を全力でサポートします! ながさき移住サポートセンター

長崎本部ながさき移住サポートセンター

長崎県庁舎内 4階

住所 〒850-8570 長崎市尾上町3-1
TEL 095-894-3581(直通)
095-824-1111(内線3581~3583)
9時~17時(月~金)
※祝祭日、12/29~1/3を除く。

東京窓口ながさき移住サポートセンター

東京交通会館8階(ふるさと回帰支援センター内)

住所 〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1
TEL 080-7735-3852(直通)
03-6273-4401(代表)
10時~18時(月曜休館)
※祝祭日、8/11~8/16、12/27~1/5を除く。

移住のご相談について

「長崎に帰りたいけれど、仕事は?住まいは?どうなんだろう?」「海の近くで暮らしたい!どこが私にあっているのかな?」等、長崎県へのUIターンをお考えの方、上記の相談窓口へ直接ご連絡いただくか、または移住相談お申し込みフォームよりお気軽にご相談ください。
長崎への移住のお悩み、気になることなど何でもご相談ください!

移住相談お申し込みはこちらから