ながさき移住ナビ

南島原市の魅力APPEAL

  1. TOP
  2. 長崎の魅力
  3. 南島原市の魅力

街中の喧騒と離れて、心地良い静けさに包まれる時を

キリシタン文化のまち、ダイナミックな自然も体感

年間を通して寒暖差が小さく温暖な気候で、農業と漁業が盛んなのどかな南島原市。キリシタン文化の歴史が残り、市内には日本におけるキリスト教の光と影を示す遺産が数多く存在しています。世界遺産に登録された「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」の構成資産である「原城跡」と、その関連遺産である「日野江城跡」が代表的です。原城跡は禁教初期に島原と天草で起こった「島原・天草一揆」の舞台。今も遺跡や遺物が数多く見つかっており、貴重な歴史を物語っています。南有馬町には「有馬キリシタン遺産記念館」があり、長崎におけるキリシタン弾圧と潜伏からの復活など一連の歴史を学ぶことができます。キリシタン時代のヨーロッパ文化を再現した「フェスティビタス ナタリス」などの祭りを通して今もなおキリシタン文化が親しまれています。

また南島原市を含めた島原半島地域は、世界ジオパークに日本第1号で認定された地。日本有数の活火山である普賢岳が中心にそびえており、雄大な景色が広がっています。日本で最も新しい山『平成新山』は、市内各所から様々な姿を眺望できます。市の最南端、早崎半島をめぐる九州オルレ南島原コースも人気。コースの随所には島原半島ユネスコ世界ジオパークならではの魅力が詰まっています。

野生のイルカが泳ぐ海、自然が作り出す絶景を心に収めて

島原半島の南東に位置している南島原市。長崎空港から車で約1時間45分、長崎市内から車で約2時間かかりますが、熊本の天草市までは口之津港からフェリーを利用して約30分で到着します。長崎市など市街地から遠いからこそ、今でも手つかずの自然や美しい海が残されているのがこのまち最大の魅力。田畑が広がるゆっくりと深呼吸できる場所で、心身ともに開放的な時間を過ごすことができます。南島原と天草に挟まれた早崎瀬戸には野生のイルカが約300頭生息しており、船で海へ出てイルカウォッチングを楽しむ貴重な体験もできます。また、アカウミガメが産卵にやってくる砂浜として有名な白浜海水浴場は、島原半島最南端で有明海の入り口に位置し「快水浴場百選」にも選ばれています。白砂青松の美しい海岸は、西側は長崎半島を望み、夕日が沈む光景はまるで絵画のような美しさです。

大自然に育まれた土地にはおいしい食べ物もたくさん。「島原手延そうめん」は生産量全国2位を誇る産地です。南島原市の美味しい水を使ったそうめんは、コシが強くのど越しの良い食感が特徴で、400年以上の歴史があります。他にもわかめを細麺に加工したヘルシーな「ひょっつる」や、特産品のじゃがいもを使った「南蛮コロッケ」など、特色のある郷土料理からも南島原市を身近に感じられます。

一緒に遊んで子育てできる自然環境、子育てと移住支援も豊富

集って学んでつながる、自然は遊びの宝箱

「子どもを田舎ですくすくと育てたい」という考えのもと、移住を計画する人も多いと思います。子どもと一緒になって、山や海との自然、たくさんの遊び場で遊びながら育つ環境が南島原市にあります。北有馬町にはキャンプ場や乗馬体験ができる「エコ・パーク論所原」、深江町には美しい桜が咲き誇る「ふかえ桜パーク」、有家町の海沿いには海岸を散歩できる「マリンパークありえ」など各所に公園があり、体を動かして思い切り走りまわって遊べます。

文化・教育事業としては、市内には図書館・図書室が6館2室あり、おはなし会や図書館講座、図書館まつりなど、親子で楽しめるイベントが開催されています。また、地域の子どもたちの安全で安心な居場所づくりと、多様な経験を通して体と心を健やかに育むための「寺子屋21」活動では、小学1年生から中学3年生までを対象に、放課後や週末にさまざまなスポーツ、文化学習活動を実施しています。

他にも、こども医療支援事業(高校生まで)や出生から2歳まで支給するすくすく赤ちゃん券、特定・一般不妊治療助成や産後ケア事業など、安心して子育てのできる環境づくりを行っています。

澄んだ海と緑と人の優しさ、「ここにしかないもの」を感じて

新鮮な野菜や多彩な郷土料理、澄んだ海と豊かに残る山々の緑。自然環境と気候に恵まれ、都会の喧騒から離れて静かな田舎で暮らしたい人々が、南島原市へ移住しています。

移住をバックアップする支援制度として、南島原市の生活を体験できる移住体験ツアーやお試し民泊体験、10日間を上限に無料で利用できる「お試し住宅」を用意しています。

住まい探しには、空き家バンク制度をご利用ください。海の近く、畑付き、庭付きなど、様々な空き家が揃っています。登録されている物件の多くは、改修自由です。空き家改修費の補助もありますので、ぜひご活用ください。

多くの移住者が活躍しているこの地では、移住の先輩が親身になって教えてくれるので安心です。市の現状や移住までの経緯、生活について等、「移住コンシェルジュ」として相談に乗ってくれます。またオンライン上で移住相談も受け付けています。

人口 44,433人
(令和2年12月末日現在)
平均年齢 53.09歳
面積 面積170.13km2
気候 年間を通して寒暖差が小さく、温暖な気候。
アクセス
  • 長崎空港から諫早駅前 バス:約50分
  • 諫早駅前から南島原市 バス:約1時間40分
  • 島原駅から南島原市 バス:約50分
  • 諫早ICから車:約1時間20分
  • 長崎空港から車:約1時間45分
  • 熊本市からフェリー・車:約1時間45分

専門スタッフがあなたの移住を全力でサポートします! ながさき移住サポートセンター

長崎本部ながさき移住サポートセンター

長崎県庁舎内 4階

住所 〒850-8570 長崎市尾上町3-1
TEL 095-894-3581(直通)
095-824-1111(内線3581~3583)
9時~17時(月~金)
※祝祭日、12/29~1/3を除く。

東京窓口ながさき移住サポートセンター

東京交通会館8階(ふるさと回帰支援センター内)

住所 〒100-0006 東京都千代田区有楽町2-10-1
TEL 080-7735-3852(直通)
03-6273-4401(代表)
10時~18時(月曜休館)
※祝祭日、8/11~8/16、12/27~1/5を除く。

移住のご相談について

「長崎に帰りたいけれど、仕事は?住まいは?どうなんだろう?」「海の近くで暮らしたい!どこが私にあっているのかな?」等、長崎県へのUIターンをお考えの方、上記の相談窓口へ直接ご連絡いただくか、または移住相談お申し込みフォームよりお気軽にご相談ください。
長崎への移住のお悩み、気になることなど何でもご相談ください!

移住相談お申し込みはこちらから